2018年~2020年に行った旅行の実体験を元にした旅推奨ブログです。新型コロナウイルスの影響で旅自粛中⚡
ペナン島の観光_タイトル

ペナン島を最大限楽しむ日数・スケジュールと観光地を紹介!

この記事ではマレーシア北西のペナン島観光に必要な日数とモデルスケジュール、おすすめの観光スポットをお伝えします。

また、長く滞在したい方向けの観光スポットもご紹介しています。どの観光スポットもそれぞれの魅力があり、ペナン島の観光資源の多さを再認識しました。

  • 実際にどのくらいの日数をかければ満喫できるか知りたい。
  • ペナン島に行くけどなにがおすすめか知りたい。
  • 観光地への行き方も知りたい。
  • どんな体験ができるか体験談を聞きたい。

という方々にはぜひ読んでいただたいので、興味のある方はぜひ最後までお読みください!

ペナン島は3日あれば主要観光地を満喫できる

ペナン島は縦長の島の面積は295㎢で、南北に約24㎞の広さを持っています。

東京23区の大きさが約600㎢なので、その約半分の大きさですね。

しっかり観光地を周ろうと思うとかなり時間がかかってしまいますが、島の半分は山なので、周る場所を決めていれば飛行機の時間も入れて3日あれば十分に楽しめると思います。

1日目の昼にペナン着、3日目の昼過ぎにペナン発と仮定してスケジュールを立ててみました。

旅行スケジュール

1日目は12時過ぎくらいにペナン空港に到着し、まずはジョージタウンの近くの予約していたホテルにチェックインします。この日はジョージタウンを満喫することをおすすめします。

2日目は東南アジア最大級の極楽寺ケックロックシーとその近くにあるペナンヒルに行きます。その後はペナン島生粋のビーチリゾート・バトゥフェリンギへ向かいます。おすすめはビーチリゾートに一泊することです。

3日目は早朝のバトゥフェリンギを散策し、その後はゆっくりジョージタウンで過ごすといいと思います。フライト時間に間に合うように調節しましょう。

ペナン島モデルスケジュール内の行くべき観光地4選と行き方

それではこのスケジュールにある観光地の内容を具体的に解説します。

バスでの移動が主になりますが、まずはコムタバスターミナルを目指すといいでしょう。

このコムタからはジョージタウン全方向へ向かえるバスがすべて出ていますし、1日乗り放題などのチケットも買えます。

【1日目】行くべきペナン島観光地① ジョージタウン散策

まず1日目からフルで楽しんでいただきたい場所は、世界遺産の一つであるペナン島の中心地ジョージタウンです。

ジョージタウンはペナン島の北東部分に岬のように飛び出した土地にコンパクトにまとまっています。

▼ジョージタウンの観光スポットやおすすめの屋台街は下記記事で解説しているのでこちらを参考にしてください。

ジョージタウンの観光地と屋台街など見どころをご紹介!ペナン島の世界遺産

【2日目】行くべきペナン島観光地② 極楽寺ケックロックシー

ケックロックシー 昼

ジョージタウンから南西の山の斜面に構えるのがマレーシア最大の仏教寺院「ケックロックシー」です。

12ヘクタールのこの土地は東京ドーム2.5個分とまるでテーマパークのように仏教寺院があちこちに建っています。

この広大な土地の中にはケーブルカーも通っていて、頂上の仏像を見るにはこのケーブルカーを登ることになります。

一番の見どころは高さ30mの「パゴダ」です。

中国、タイ、ビルマ(ミャンマー)の3様式が組み合わさった珍しいパゴダで、中には1万体の仏像が並んでいます。

このパゴダは登ることができ、上からはケックロックシーとその先の街・海まで眺めることができます。

※パゴダは入場料がかかりますが、2RMと激安なので旅の思い出におススメです。

内部は迷路のような造りになっているので、一つ一つ見ていくと時間があっという間に過ぎてしまいます。

また、ケックロックシーは中華正月期間中(およそ2月中旬から3月上旬まで)の期間、1万個以上のライトを使って盛大にライトアップも行われます。

ケックロックシー 夜

昼の写真とは一風変わった幻想的な写真を撮ることができるので、この期間を狙って旅行に行くのもありだと思います。

【ケックロックシーの概要】

  • バスでの行き方:コムタバスターミナルから「201」「203」「204」のバスに乗る。
  • 入場料:基本無料
  • ケーブルカーの料金:往復6RM
  • パゴダの入場料:2RM
  • 所要時間:2~2.5時間(行きのバス時間含む)

【2日目】行くべきペナン島観光地③ ペナンヒル

ペナンヒル入り口

ペナンヒルは先ほど紹介したケックロックシーの隣にあるペナンヒルです。

このペナンヒルは標高833mもある丘で、ジョージタウンのにぎやかさとは打って変わった自然あふれる場所です。

ケーブルカーとトレッキングのどちらかで頂上まで行けるのですが、トレッキングは2時間ほどかかるので、時間がある方以外はケーブルカーで行くことをおススメします。

このペナンヒルのケーブルカーは、世界で最も急なトンネルトラックがあり、アジアで最長のコースです。

気になる方は下記のショートフィルムで雰囲気を感じてください。(英語です)

この場所はジョージタウンから車で45分ほどの場所にあるのでケックロックシーとセットで行くといいと思います。

ケーブルカーで頂上まで行くと、ジョージタウンと海、そして天気が良ければマレー半島の壮大な土地を一望できます。

ペナンヒルから景色

東南アジアの自然を目の前にできる気持ちいい場所なのでぜひチェックしてみてください。

もっと詳細を知りたい方は公式ホームページをご覧ください。

⇒公式ホームページはこちら

【2日目】行くべきペナン島観光地④ バトゥフェリンギ

バトゥフェリンギのビーチ

2日目の午後からは、「バトゥフェリンギ」に行っていただきたいです。

バトゥフェリンギはペナン島の北海岸にある島内で一番人気のビーチタウンです。

この近くには高級ホテルも多く、ビーチには地元の人も観光客もいろんな人が賑わっています。

バトゥフェリンギ ビーチ2

海はエメラルドグリーンで透明度はなく、きれいとは言えませんが、ジェットスキーやパラセーリングなど様々なマリンスポーツを楽しむことができます。

夜は毎日ナイトマーケットになり、広い道路の両脇に露店が広がります。

高級ホテルだけでなく安宿街もあるので気軽に宿泊もできます。

海岸沿いにはシーフードを中心にした屋台街やお高めのレストランがあり、連泊しても飽きない生活ができます。

バトゥフェリンギへはコムタバスターミナルから102のバスで行くことができます。

ペナン島4日以上の滞在者におススメの過ごし方

ランカウイ島|マレーシア随一のリゾートアイランド

ランカウイ島のビーチ

マレーシア半島の西海岸沿い、ペナン島の北側にある大小99もの島々からなるランカウイ諸島があります。

このランカウイ諸島の中でも一番大きな島がランカウイ島です。

ペナン島から船で1日2便約2時間半から3時間で行くことができます。料金は70RMで安くはないですがペナン島に数日滞在できるのであればぜひいってみてほしい場所です。

ビーチリゾートだけでなく、山に囲まれたスリル満点のロープウェイスカイブリッジもあります。

ランカウイ島のスカイブリッジ

高い場所が苦手な方は少し怖いかもしれないですが、この高さからの景色は抜群です。

南国ビーチの諸島をその目に焼き付けてください。

島内には国際的にも有名なホテルがいくつもあり、マレーシア随一のリゾート地として注目されています。

ランカウイ島の夜

プールがあるホテルなどもあり、落ち着いた雰囲気でバカンスを味わえます。夜のランカウイ島も素敵です

▼ペナン島からランカウイ島へ行く船のチケット下記の場所で購入できます。

ペナン国立公園|自然をそのまま残した野生の楽園

ペナン国立公園

ペナン国立公園は、バトゥフェリンギのさらに西側にある「テロッ・バハン」という漁村の近くにあります。

今まで紹介したジョージタウンやバトゥフェリンギの雰囲気とは打って変わって田舎町のような雰囲気が漂います。

この国立公園には7つのトレッキングコースがあり、それぞれのコースに多種多様の動植物を楽しめます。

山と海に恵まれ、417の動植物と143の動植物が生息しています。

入園には事務所で入園申請が必要になり、パスポート番号と名前を記入するので、パスポート番号はメモしておくといいでしょう。

ビーチもハイキングコースも人が少なく、ペナン島の中心地の喧騒を忘れて冒険者になったつもりで探索してみてください。

また、漁村のテロッ・バハンの南にも森林公園蝶園(バタフライファーム)フルーツファームがあるので立ち寄ってみると新たな発見があるかもしれません。

▼入園事務所はこちら

ペナン島随一のテーマパーク「ESCAPE」

ペナン島 ESCAPE上からの写真

ペナン島にはテーマパークもあります。

それが、バトゥフェリンギの西側にある漁村「テロッ・バハン」の南側にある「ESCAPE」という名前のテーマパークです。

陸上アスレチックとウォータープールの2種類のゾーンあり、様々なアトラクションが用意されていて、1日中楽しめる場所です。

10:00~18:00の時間子供から大人まで存分に楽しむことができます。

もしジョージタウン側からくる場合は、101のバスで行くことができます。

時間のある方には本当におすすめです。

1日中楽しんで、バトゥフェリンギのレストランでディナーを楽しむと最高のアクティビティとバカンスを楽しめます!

島の反対側までレンタルバイクで周るのもおすすめ

スクーターと海

もっとペナン島のディープな場所に行きたいという方は、レンタルバイクやレンタルサイクルを借りてペナン島1周をしてみるのもいいと思います。

ペナン島の西側や南側は私も未知なのでいつかやってみたいと思います。

  • バイクはガソリン代は別で1日30RM~50RM
  • サイクルだと1日10RM~20RM

で借りることができます。

私としてはバイクで心地いい風に吹かれながらペナン島を一周するのがいいと思います。

▼レンタルバイクは電動スクーターを下記で借りることができます。

ぜひペナン島の裏の裏の部分までその目で見てみてください!

まとめ|最短3日でペナン島観光を満喫しよう!

今回はペナン島観光を楽しむモデル日数とスケジュールをお伝えしましたがいかがでしたか?

ペナン島の良さは3日あると十分に楽しめますが、それ以上の日数でもたくさんの魅力があります。

ここまでクアラルンプール、マラッカ、ペナン島とマレーシアの都市の紹介をいくつかしましたが、このペナン島が私は一番お気に入りでした。

文化遺産・自然遺産・美食の3つがどれも劣ることなく交じり合ったペナン島は東南アジアの中でも有数の都市だと思います。

3日間予定を空けてぜひ飛び立ってみてください。

きっと素敵な旅行になるはずです!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

ペナン島の観光_タイトル
筆者の日常・ブログの最新情報を発信中!