2018年~2020年に行った旅行の実体験を元にした旅推奨ブログです。新型コロナウイルスの影響で旅自粛中⚡
ワット・プラケオ

バンコクの三大寺院の行き方と感想|ワット・プラケオ、ワット・ポー、ワット・アルン

タイのバンコクには、三大寺院と呼ばれる3つの代表的な寺院があります。

この記事ではその3つの寺院の行き方と実際に1日で3つの寺院を周った感想をお伝えします!三大寺院は下の3つです。

  • ワット・プラケオ(王宮)
  • ワット・ポー
  • ワット・アルン

この3つは大きな道路や川を挟みますが、かなり近い場所に並んでいるので、一度に伝統的な第一級寺院を周ることができるおすすめの観光スポットです。

バンコク市内の観光では外せない見どころで、壮大で美しい仏教寺院を一目見るために、毎日多くの観光客が訪れています。

訪れると何か素敵なことが起こることを予感させてくれるようなパワースポットでもあります。

バンコクへ行く方、どこに観光に行くか迷っているかたがいましたらぜひ最後までお読みください!

バンコクの三大寺院とは?場所と行き方を紹介

バンコクには市内だけで3000以上の仏教寺院がありますが、その中でも

  • ワット・プラケオ(王宮)
  • ワット・ポー
  • ワット・アルン

この3つの寺院は歩いて移動できる距離にあるので、周るのに不便がなく、散歩がてら巡ることができます。

行く順番は①~③の順番通りワット・プラケオ→ワット・ポー→ワット・アルンの順で行くと効率よく行くことができます。

三大寺院 地図

ワット・プラケオからワット・ポーは徒歩で10分~20分ほど、ワット・ポーからワット・アルンまでは船の時間を入れて20分~25分ほどで行くことができます。

また、ワット・アルンへは、地図左下の青いルートでチャオプラヤ川を渡る必要があります。

数分だけの船ですが、涼しい風を受けながら川を渡ることができるので、ぜひ乗ってみてくださいね。

ワット・アルンの桟橋

▲ワット・アルンの船着き場

1つ注意なのが、どの仏教寺院も基本的に半ズボンや露出の多い服で見学することはNGです。

私もそのことを忘れて入場しようとしてしましましたが、警備員の人にがっちり止められました。

なので、近くでタイパンツを売っているお店があったのでそこで長ズボンのタイパンツを100Bで買いました。

スーパーで買うタイパンツより割高なので、できるだけ前もって準備しておきましょう!

電車で三大寺院に行く方法

バンコク 鉄道

地下鉄で三大寺院近くに行くには、ワット・ポーより南方面にあるMRT BlueLineの「Sanam Chai駅」から徒歩で行くことができます。

この地下鉄の乗り場ですが、安宿から高級ホテルまで集まるスクンビット周辺から行く場合は、「MRT BlueLine」のスクンビット駅から乗ることができます。

なので、まずはスクンビット駅周辺を目指すといいでしょう。

その他の『BTS Sukhumvit Line』や『BTS Silom Line』の駅が近くにある場合は、『BTS Sukhumvit Line』のアソーク駅を目指してそこから徒歩でスクンビット駅に乗り換えましょう。

アソーク駅 看板

【スクンビット駅の位置】

もちろん、地下鉄で他の地下鉄でできるだけ三大寺院の近くまで行き、そこからタクシーでも比較的安く行くことができます。

しかし、どうせ電車に乗るのであれば乗り換えを使い、Blue Lineに乗っていく方が安く、面白い旅になると思いますよ!

バックパッカーの聖地「カオサン通り」から徒歩で三大寺院に行く方法

カオサン通り

カオサン通りはバックパッカーの聖地とも呼ばれ、日本からはもちろん世界各地から旅好きのバックパッカーが集まる地として有名な場所です。

付近には安宿やコスパの高いレストランやファストフード店があり、夜は人で溢れかえる賑わいを見せています。

そんなカオサン通りを拠点にしている場合は、三大寺院は徒歩で20分ほどで行くことができます。

上の地図上部の赤いラインが入っている場所がカオサン通りなので、いくつか大きい道路を渡ればすぐにワット・プラケオのある王宮に行くことができます。

カオサン通りにいるならぜひ三大寺院に三大寺院にいるならぜひカオサン通りにと相互についでに寄ってみるのがおすすめです!

市内バスで三大寺院に行く方法

市内バスで三大寺院付近に行くこともできますが、正直タイ語について理解が少ないと目的地に行けるかどうかが分かりにくいです。

市内バスで行きたい方は、google mapで近くに行く番号のバスを探してその番号のバスを探してみましょう!

【三大寺院付近に停まるバスの路線】

2ส、3、9ร、25、25ทด、44ร、47、48ร、60、60ทด、82、91、123ร、503

確かに安いですが、乗り物で行く場合は確実な地下鉄かタクシーで行くのがいいでしょう。

トゥクトゥクは観光客用の乗り物で、タクシーとは異なりメーター制などはないので基本割高なお金を要求されます。

それでもいい方ならいいですが、安く行きたい人は地下鉄かタクシーのメーターを利用するようにしましょう!

三大寺院①ワット・プラケオの感想

ワット・プラケオ

ワット・プラケオは王宮の中にある、王室専用として国家的重要儀式を行う第一級寺院です。

本堂に祀ってあるエメラルド色の仏像にちなんでエメラルド寺院とも呼ばれるバンコク市内最大級の格式の高い寺院です。

発端は1782年、チャクリー王朝が始まった際にその中心地としてラーマ1世によって建築されました。

ワットプラケオの装飾

黄金に輝く尖塔や、キラキラ光る宝石でできたような柱など王宮内にある寺院にふさわしい作りの建築物で溢れています。

園内は広大で仏教文化だけでなく、ヒンデュー教寺院の様式も混在しており、カンボジアのアンコールワットによく似た独特の尖塔を見ることができます。

この模型はラーマ4世時代、カンボジアがタイの支配下だった際にラーマ4世がアンコールワットに感動をしたことから似たものを作らせたと言われています。

ワット・プラケオのアンコール模型

▲ワット・プラケオのアンコール模型

これらの寺院意外にも、

  • 長年王族が生活をしていた場所西洋風建築物の「チャクリー宮殿」
  • 再建時に不要になった装飾品などを展示している「ワット・プラケオ博物館」

など王宮内にはワット・プラケオと合わせて見どころが多いことが特徴です。

チャクリー宮殿

▲チャクリー宮殿

料金は、500B(約1,500円)と他の三大寺院と比べて少し高めですが、それだけの壮大さと長年バンコクの政治を動かしてきた王宮を見るには値する値段だと感じました!

【ワット・プラケオ基本情報】

値段:500THB(約1,500円)

営業時間:8:30~16:30(チケット販売は15:30まで)

注意点:半ズボンは禁止、警備員に止められます。

三大寺院②ワット・ポーの感想

ワット・ポーの涅槃仏

ワット・ポーは、ワット・プラケオがある王宮から南に歩いて10分~15分の距離にある寺院です。

こちらもラーマ1世時代に建築され、特徴は礼拝堂の横めいっぱいに横たわる大きな釈迦像です。

全長46m、高さ12mの大きさで横たわる黄金の像は迫力満点です。

この格好の仏像を涅槃(ねはん)仏といい、釈迦が入滅し悟りを開いたことを意味しています。

私としても、タイの仏像のイメージはこのワット・ポーの涅槃仏のイメージが大きかったのでとても印象に残ってますし、見てよかったと思っています。

また、この釈迦像の足の裏にはバラモン教の宇宙観を示す絵が108も書かれているので、仏像の周りを見学する際にはぜひ足の裏にも注意して見ていただきたいです!

ワット・ポーの涅槃仏、足の裏

ワット・ポーだけ無料でペットボトルの水がもらえたのも良かったですね(笑)。

園内には穏やかな庭園があり、仏教建築があちらこちらに立っているので休憩もかねて見学してみてはいかがでしょうか?

ワット・ポーの庭園

【ワット・ポー基本情報】

値段:200THB(約600円)

営業時間:8:00~18:30

注意点:半ズボンは禁止。内部のタイマッサージは別料金

三大寺院③ワット・アルンの感想

ワット・アルン

ワット・アルンは、ワット・ポーから5~10分ほど西側に行った場所にある桟橋から船に乗ってチャオプラヤ川を渡った先にある寺院です。

別名「暁の寺」と呼ばれ、それはアルンの意味が「暁」という意味で暁に染まる姿が美しいことからその名前が付けられてと言われています。

この寺院は、急な階段になりますが大きな塔に登ることができ、その高さから眺めるチャオプラヤ川、その先のバンコク市内の景色はとても素晴らしいです。

他の仏教寺院と比べて、ヒンデュー教の建築様式が色濃くあるのが特徴です。

ワットアルンのヒンデュー様式

塔以外の寺院にもその色は濃く残っているので、三大寺院の他の二つとはまた違った印象を持つことになると思います。

どの寺院もそうでしたが、間近で見ると壮大で迫力があり、これらを作る職人は本当にすごいなーと感心しました。

【ワット・アルン基本情報】

値段:50THB(約150円)

営業時間:9:00~16:30

注意点:船は4THB。半ズボンは禁止。

まとめ|バンコクにきたからには三大寺院に必ず行こう!

ワットプラケオ ②

タイの首都、バンコクに来たからにが周っておきたい三大寺院の行き方とそれぞれの寺院の感想をお伝えしました。

バンコクの歴史を味わうには、アユタヤやスコータイ、チェンマイなどの過去に王朝があった場所のツアーもいいですが、市内から地下鉄やタクシーで手軽に行けるこの3つの寺院たちも外せません!

ぜひツアーではなく自分の足で三大寺院を周ってみてください!仏教寺院の壮大さ、鮮やかさにきっとパワーをもらえるでしょう。

ついでにカオサン通りに行ってみるのもローカル感を味わえるきっといい体験になるはずです。

また、各寺院は夜にライトアップされることにも注目です。

寺院内には入れませんが、夜のライトアップされた三大寺院は幻想的でとても美しく見えます。

ぜひ夜の寺院散策も検討してみてくださいね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

ワット・プラケオ
筆者の日常・ブログの最新情報を発信中!