2018年~2020年に行った旅行の実体験を元にした旅推奨ブログです。新型コロナウイルスの影響で旅自粛中⚡
夜のシルケジ駅

【実体験】国際鉄道でイスタンブールからソフィアに行く道のり

こんにちは!Hiroです!

イスタンブールは2日間の観光で、それ以上いると他の行きたい国を周れない可能性があるので、もっと観光したかったのですが、次の国「ブルガリア」へ移動します。

ブルガリアの首都ソフィアへの移動はいくつか方法がありましたが、私は国鉄で国境を超えるのが好きなので(沢木耕太郎さんの『深夜特急』のように笑)

他の手段での行き方もざっくり説明しますが、私の行った国鉄での行き方をメインに紹介します

イスタンブールからソフィアに行くバックパッカールートにご興味がある方はぜひ最後までお読みください!

イスタンブールからソフィアに行く3つの交通手段

ブルガリアの国旗

まずはイスタンブールからソフィアに行く方法についてざっくりとご紹介します。

大きく分けて、「電車」「バス」「飛行機」があります。一つ一つ簡単にですが説明していきます。

イスタンブールから『鉄道』でソフィアに行く方法

鉄道で行く場合は、国際鉄道に乗らなくてはなりません。

イスタンブールの旧市街から国鉄に乗れる駅まで行くバスが出ているので、バス⇒国鉄の駅で鉄道に乗る流れです。

イスタンブール旧市街にあるシルケジ駅でチケットを購入し、バスに乗って国鉄のある駅ハルカリ駅へ移動します。

詳細はこの次の見出しで説明しています!

イスタンブールから『バス』でソフィアに行く方法

トルコには多くのバス会社がありますが、大手のバス会社を3つ挙げました。

どの会社でもオンライン注文はできるのですが、発着所がわかりにくいこともあるので、バス停やチケット販売店での購入と同時に発着所を訪ねるといいです。

その際に下記の会社のカウンターに行くといいのがおすすめです。

METROバス社(業界最大手)

1日6便の運航があり、業界最大手ということもあり最も安心で標準的なバスです。
2席+1席の席順のバスもあり、一人旅にはうれしい配席です。
まず最初に尋ねてみて、求める時間・料金があったら即決でもいいでしょう。
https://www.metroturizm.com.tr/

  • Niluferバス社(オンラインサイトが見やすい)

こちらも大手のバス会社です。
トルコ全体に行先があります。3つに挙げた理由はオンラインの購入までが感覚的にわかりやすかったからです。
時間がないなどチケットを買えないときはこのサイトを利用すると簡単です。
https://www.nilufer.com.tr/

  • HAS社(ブルガリアのバス会社)

1日2便と平均的ですが、ブルガリアの会社なのでせっかくなら乗ってもいいかもしれません。
他の会社は大手で人気があるので、乗りたい時間に行先がなかったりなどしたらHAS社で調べてみることも一つの手です。
http://www.hasturizm.bg/seferler.html

イスタンブールから『飛行機』でソフィアに行く方法

最も早く移動できるのができるのはやはり飛行機を利用することです。

イスタンブール中心地から行くのであれば、イスタンブール新空港を利用することになります。

電車で行くのも遠いので、エアポートバス「Havaist」を利用しましょう。

旧市街から行く場合は、

  • アヤソフィア博物館近くのスルタンアフメト駅近く
  • ガラタ橋の旧市街側の港エミノニュ近く

からバスが出ています。

havaist_スルタンアフメト~イスタンブール新空港までの概要

▲スルタンアフメト発の場合のバスの番号、所要時間、距離、運賃、出発時間

詳しい乗車場所はこちらを参照してください

また、Turkish airlineなら片道15,000前後でソフィアへ行くことができます。

片道航空券なので、往復よりは高いと感じますが、バックパッカーで飛行機を使うということはそういうことですね。。。

しかし、バスや電車は8~10時間かかるのに対し、飛行機は1時間20分です。

早すぎてそのお金の価値はあるのかもしれません笑

実際私も他の場所では時間の短縮のために飛行機を利用しました。飛行機の手段もあると頭の中に入れておくと安心ですね。

鉄道でイスタンブールからブルガリア・ソフィアへ行く方法

一つ前ではイスタンブールからソフィアへ行く手段を3種類説明しましたが、ここでは私の実体験である鉄道で行った経験をお伝えします。

シルケジ駅で前もってチケットを買っておこう!

鉄道に乗る場所は少し遠い場所にあるハルカリ駅という場所ですが、チケットはスルタンアフメトモスクからも歩いて行けるシルケジ駅のチケットカウンターで買うことができます。

この駅の中に旅行代理店があるみたいですね!

寝台の部屋が埋まってしまう可能性もあるので、早めに席を確保しておいた方がいいと思います。

あとはこのシルケジ駅は夜行くととってもきれいなんです。

夜のシルケジ駅

黄色のライトと古びた終着駅が何とも言えない儚さを出しています。

一つ注意点を上げるとすると、カウンターの方に「〇時までに待合室にいてください」と言われるのですが、その時間の数十分あとでないとハルカリ駅へのバスは来ません。

実際私はバスの時間言われた時間と異なりかなり遅れました。チケットカウンターの人に5回はバスどこに停まるの?と聞いたと思います笑

待合室があるので、そこでおとなしく待っていれば良かったのですが不安でうろうろしてしまいました笑

海外だからしょうがないと切り替えて、じっくり気長に待つようにしましょう。

ハルカリ駅で寝台列車に乗って10時間の移動

シルケジ駅からようやくバスが出発しました。

バスでは寝てしまいましたが、距離的におよそ1時間弱でハルカリ駅に着きます。


ハルカリ駅は中心街から離れているわりにきれいな駅でした。

ここで一緒に乗っていた外国人観光客についていき、チケットに書かれている指定席の号車とシートを探します。

駅員に聞くのが一番早くて楽です。探しあてた部屋は下の写真のような部屋でした。

寝台列車の部屋の様子

通常時は椅子が二つ並んでいる状態ですが、寝る時間になったら車内スタッフの方がベッドメイキングをしてくれます。

椅子の部分が倒れてベッドになる仕組みです。だいたい2段ベッドなので、上にも同じようなベッドが付き、はしごもついています。

この移動時間で旅のスケジュールを立てたり、安堵につきます。

初の国鉄での国境越え!パスポートコントロール

数時間後、トルコとブルガリアの国境付近に到着し、車内スタッフが無理やり起こしてきます。

「パスポートコントロール!」と叫んでいたので、国境に着いたのだと気づきました。

途中下車した場所は小さな駅のような場所で、Passportと書かれた看板のある部屋に乗客が全員集められます。

イミグレーションの様子

あとはトルコの出国スタンプ、ブルガリアの入国スタンプを順に押すだけで終了です。

何か聞かれるようなことはありませんでした。

途中下車した駅の様子

▲途中下車した駅のホーム

深夜で肌寒いので、そのあとはすぐに電車に戻り、眠りに入りました。

一度寝て起きると外は明るく、いい意味でブルガリアっぽい風景が広がっていました。

車窓から見た風景

世界の車窓からじゃないですけど、広大な自然にうっとりしました。

奥の方の山には雪がかぶっているのも見えます。ソフィアはどんな町なのでしょうか。期待に胸を膨らませてもう一回寝ます笑

【鉄道でのイスタンブールからソフィアへの価格・時間】

  • 鉄道の料金:
    ・4人乗りワゴンの場合 28.48 €(約3,400円
    ・寝台ワゴン2人用 33.48 €(約4,000円)
    ・寝台ワゴン1人用 62.72 €(約7.500円)
  • 所要時間:約10時間(21時~朝6時まで)
    ※トルコとブルガリアは時差1時間
  • 距離:約560km

まとめ|深夜列車でイスタンブールからソフィアを目指そう!

「セルディカ2」駅地上

▲セルディカ2駅の地上

いかがでしたか?

イスタンブールからブルガリアの首都ソフィアへの行き方を3種類説明し、その中でも私が行った国際鉄道での行き方を詳しくご紹介しました。

「他の行き方よりも鉄道の方が楽しそう!」と思っていただけたら嬉しいです。

国境を越え、新しい国の土を踏む瞬間ってワクワクしますよね…。このワクワクをいつまでももって旅をしていきたいなと思う今日この頃です。

最後までお読みいただきありがとうございました!別記事のブルガリア観光の記事もぜひ読んでください!

夜のシルケジ駅
筆者の日常・ブログの最新情報を発信中!