2018年~2020年に行った旅行の実体験を元にした旅推奨ブログです。新型コロナウイルスの影響で旅自粛中⚡

【図説あり】海外ATMからクレジットカードで引き出す方法を解説!

今回は旅の生命線に関わる「お金」に関する豆知識です!

皆さんは海外旅行のときはどう現地の通貨を用意しますか?

日本円を換金する方法ももちろんありますが、私はクレジットカードを複数持っていくことで現地のATMでお金をおろしていました。

長期旅行はいくら使うかも正直概算でしかないので、旅行のゆく先々でいろんなお金が発生します

いざというとき(病気やケガなど)にお金を準備できるようにクレジットカードからお金をおろす方法を知っておきましょう!

図を使って分かりやすく解説しますので、ぜひ最後までお読み下さい!

海外のATMは日本とほぼ一緒の感覚で使える

お金がなければ何もできない!

ということで、新しい国に着いたときにまずはATMを探し出すことも必要です。

基本現地のATMでプロペイドカードかクレジットカードで現金を引き出すという方法をとりました。3種類くらい持ち歩いておくといざというときに安心です。

▼ちなみに今回私が持参したカード類はこちら

  • 三菱UFJ 銀行のプリペイドカード(直接口座から引き落とし可能)
  • 楽天カード
  • エポスカード

空港にATMは何台かあり、基本的に下記図のように操作すれば引き落とすことができます。

海外ATMでクレジットカードからお金を引き出す6つの順序

それでは、さっそく、ATM機械の画面の図説と一緒に6つの順序を順に解説していきます。

その①|クレジットカードを挿入してATM内の言語を選択

まずは自分の金融カードをATMの中に挿入(Insert)します。その後、ATMを操作する中で使う言語を選択します。

日本語はないことが多いので基本的に英語を選択して下記の手順に沿って操作していきましょう!

その②|クレジットカードの暗証番号を入力

クレジットカードおよび、プリペイドカードの4桁の暗証番号を入力します。

日本で登録している4桁の数字です。画像右上の数字の画像が入力部分です。

入力するキーは、基本機械の右手前にあります。
※忘れて入力できないと日本と同じようにお手上げなので、海外に行く前にしっかりと確認しておきましょう。

その③|取引内容を選択

暗証番号が通ると、取引内容を選択します。(機械によっては、暗証番号が間違えていてもこのフェーズに行くこともあります。)

お金を引き出したいのであれば、「WITHDRAWWAL」(現金引き出し)を選択しましょう。
※振り込み(「TRANSFER」)は手数料もかかるのでできるだけネットの中で手続しましょう。

その④|今回使用する口座の種別を選択

口座の種別を選択します。

プリペイドカード等であれば、「SAVING」(普通預金)、クレジットカードでの借り入れの場合は「CREDIT」を選択します。

ここは使ってるカードの種類によって選択が変わるので自分のカードの種類を理解しておきましょう。

プリペイドカード=口座から直接引き落とされる(口座にお金がない場合は引き出し不可)

クレジットカード=翌月支払い、上限あり

その⑤|金額を選択してお金を引き出す

引き落とす金額を選択します。

実際にその国の通貨で降ろされるので、日本円でいくらか把握して選択しましょう。

※通貨の桁が国によってバラバラなので間違えて大金をおろしたりすると大変です。

「OTHER」は自分で金額を設定できます。選択肢の中に希望する額がないときはこのボタンを押しましょう。

その⑥|取引を終了してカードを忘れずに取り出す

ATMからお金が出てきます。

取引を続ける場合は「YES」。希望通りの金額が出てきて取引を終了させたい場合は「NO」を押します。

そうすると、取引終了でカードが返却されます。

ここで注意点が、お金が出てきたからと言って満足せずにカードがかえって来るのを確認してその場を離れましょう。

また、このタイミングを見計らったスリも存在するので、周囲には気を配り、気を付けましょう!

まとめ|ATMの使い方は原則世界共通!用語と日本円とのレートを知っておこう!

ATMの使い方を図を使って手順通りに説明しましたが、理解いただけたでしょうか?

両替は町中の両替所の窓口の人に通貨を行ってお金を渡せば終了ですが、ATMの場合は多少の操作が必要です。

しかし流れで見ると日本のATMとやることは変わらず、外国語なだけなので恐れる必要はありません。「WITHDRAWWAL」などの用語を覚えてさえいればすぐに慣れると思います!

うっかり間違えて大金をおろしてしまったり、振り込みをしてしまったら大変なことになるので、ATMの使い方は頭の片隅に置いておくことをおすすめします!

また、ここで注意点なのですが、東南アジアなどの発展途上国では、

「町中のATM が古いもので、運悪くカードがATMから出てこなくなってしまった」

などの事件も耳にするので、ショッピングセンターや空港などの施設の中のATMを利用するといいです。

せっかくの旅行の時間を使ってカードの救出をするなんて嫌ですもんね!(笑)

以上今回は海外でのATMからお金を引き出す方法でした。最後までお読みいただきありがとうございました!

筆者の日常・ブログの最新情報を発信中!