2018年~2020年に行った旅行の実体験を元にした旅推奨ブログです。新型コロナウイルスの影響で旅自粛中⚡

【キャンパー必読】ランタン3種類の長所・短所を解説!ガソリン・ガス・LED

大自然を満喫するキャンプは本当にいいものですよね!そんなキャンプの中でもランタンはキャンプ道具では欠かせない製品です。特に夜のキャンプではこのランタンがないと料理をすることも移動することも難しくなります。

今回はそんなキャンプには必須のランタンを解説していきます。

ランタンには大きく3種類があり、その3種類のランタンは種類がたくさんありどれを使えばいいのか迷うってしまうと思います。

この記事では

  • キャンプ初心者の方
  • キャンプでランタンが必要・購入したいと考えている方
  • 場合によってランタンを使い分けたい方
  • 3種類のランタンの比較を知りたい方

へ向けて書いています。ぜひ最後までお読みください。

ガソリン・ガス・LEDの3種類のランタン

キャンプ場

まずは3種類のランタンは何があるのかを知ってもらいます!

3種類のランタンは下記です。

  • ガソリンランタン
  • ガスランタン
  • LEDランタン

ランタンの種類は基本的に使用する燃料を表しているので、分かりやすいと思います。

この3種類のうちどれを買えばいいのかは、キャンプのスタイルや使い道、お財布の様子から考えると適切なランタンがあります。

これより下ではそれぞれのランタンの長所と短所を解説しますのでぜひ購入の参考にしていただけると幸いです!

キャンプガソリンランタンの長所と短所を解説

ガソリンランタンの写真

ガソリンランタンはその名の通りガソリンor灯油を燃料にしてマントルという布を燃やすことで灯りをつけるランタンです。

ガソリンランタンの最大の特徴は、「ポンピング」という作業が必須ということです。

ポンピングとは空気を燃料タンクに送りこみ、ガソリンを気化する作業のことです。

このポンピングをすることでして安定した光を放つことができ、長時間の燃焼も可能になります。しかし、その分値段や手間がかかるので、初心者にはおすすめできません。

しかし、火器を使用するので屋外限定となるので注意しましょう!

ガソリンランタンの長所

  • 長時間の燃焼が可能なので、燃料の補充の必要がない
  • 光が3種類の中で一番明るい
  • 寒くても光が小さくなることがない
  • レトロなランタンらしいポンピング作業ができる

ガソリンランタンの短所

  • 価格が比較的高い(1万5千円以上)
  • 屋内では使えない
  • ポンピング作業の手間がかかる
  • 初心者には手が出しづらい
  • 持ち運びが面倒

ガスランタンの長所と短所

ガスランタン

ガスランタンはガソリンランタント同じようにマントルを燃やすのですが、その燃料にはガスを使用します

ガスはキャンプで重宝する燃料なので、料理やストーブなどにも兼用できるのが最大のメリットです。

荷物を減らし、効率的に燃料を使うことができ本体もそうですが全体的にコストを抑えることができます。

しかし、ガソリンランタンと比べると光の小ささと燃焼時間が控えめです。また、寒い場所だと光量が落ちるので、冬のキャンプにはおすすめできません。

ガスランタンの長所

  • 夏の時期なら光が強い
  • 本体価格が控えめ(10000円前後)
  • 燃料を他の機器とシェア・兼用できてコスパ良い

ガスランタンの短所

  • 燃焼時間が短い
  • 光の強さが一定になりにくい
  • 寒い場所では光量が落ちる
  • 燃料で燃やすので屋外専用

LEDランタンの長所と短所

LEDランタン

LEDランタンは電池式のランタンなので、安全にテント内でも使用できる唯一のランタンです。

最大の特徴は価格と燃料の安さです。

本体価格も5000円を超えるものはあまりなく、燃料も電池なので安価で持ち運びもしやすいです。

また、電池で灯りがつくのでそのデザイン性にも注目が集まります。渋い燃焼系ランタンよりも最近の若者の好むような種類の豊富なデザインがあります。

ただ、燃焼系を知ってる方にとっては光が弱いと感じるので、テントサイト全体を照らすには複数のLEDランタンが必要になります。

とはいえ、キャンプをするなら確実に1つ以上は必要なランタンになりますね!

LEDランタンの長所

  • 本体も燃料(電池)も価格が安い
  • テント内で使用できる
  • 持ち運びがしやすくて万能
  • デザイン性があり、種類が豊富

LEDランタンの短所

  • 光が少ない
  • テントサイト全体を照らすなら複数必要

3種類のランタンの特徴を図で整理

ここまで3種類の長所・短所を書きましたがここで一つの図でまとめました。

下記の図を見ればそれぞれの特徴が良く分かると思います!

ランタン比較一覧

光量・価格・持続時間は自分のキャンプスタイルに直結するのでよく考えるといいと思います。

LEDランタンは必ず持っておきたいですが、ガソリンランタンとガスランタンはキャンプのレベルによって変わってきます。

ただ、ガソリンランタンも慣れるとキャンプのレベルが上がり、満足感も高くなるのでどんどん挑戦してみてください。

まとめ|キャンプスタイルに合わせてランタンを使いこなそう

いかがでしたか?

キャンプにはランタンは必須の道具です。種類が多いですがキャンプのスタイルによっての選択がしやすくなったでしょうか?

キャンプ初心者の方にはまずLEDランタンを購入することをおすすめします。

価格も安いですし、テントの中で灯りがないと自由がきかないからです。また軽くて安全なので持ち運びにも便利です。

今回比較した内容をもとに、ランタンと一緒にあなたらしいキャンプをしてみてはいかがでしょうか?

筆者の日常・ブログの最新情報を発信中!